モータースポーツちゃんねる               

モータースポーツちゃんねる

    test 小林可夢偉、無報酬、2億円を支払いF1ドライバーの座を獲得
    test フォース・インディア、黒いアリクイノーズの『VJM07』を披露【F1】
    test ミハエル・シューマッハの昏睡状態をまもなく解除へ、医師が認める
    test WRC グループBの時代、4駆車がサイド引かずにみんな切り返ししてるのナゼ?

    2014年03月

    画像1
    1: ◆konjacjuhE @おまコンニャクρ ★ 2014/03/04 10:19:03
    no title

    #12 Legend of ヨシムラスズキシェルアドバンスレーシングチーム

    今年の鈴鹿8耐はヨシムラにとって、記念すべき大会となります。それは1954年の吉村秀雄による
    ヨシムラ創業より60周年という節目となるからです。

    この大会をヨシムラは現監督の加藤陽平率いるチームに加え、2台体制にて私、吉村不二雄がレジェンドチームの
    監督となって往年のライダーと共に表彰台を狙います!

    そのヨシムラのレジェンドライダーとは、1986年の8時間耐久ではペアで3位表彰台を獲得している
    1993年世界GPチャンピオンのケビン・シュワンツ、もう一人は、そのペアライダーでもあり、
    1985~1986年MFJ全日本選手権TT F-1チャンピオンの辻本聡です。

    このチームは上位入賞の存在となる事は勿論のこと、別の意味でのモータースポーツの在り方、
    つまりエンタテイメント文化としての方向性も問う存在となります。

    80年代、世界はモータースポーツが大きく花開いた時代でした。ヨシムラもその時代に彼らとの出会いがあり
    数々の勝利を国内・海外で収める事が出来ました。

    ただ、往年の世界・全日本チャンピオンとはいえ、真夏の鈴鹿は体力の全てを賭けても、厳しい事に変わりません!
    しかしそれを彼達は厭わずに、この8時間耐久レースに「走る価値」を見出しているのです。
    私としては、ヨシムラファンの皆様の熱い思いを創業60周年記念事業の一つとして、万全な体制で挑み、
    「あの時代の8耐」を再現し、皆様にモータースポーツの凄さ、厳しさ、楽しさ、また懐かしさを体現して
    もらいたいと思っております。

    今年は是非鈴鹿サーキットに足を運んで頂き、両チームの限界に挑戦する筋書きのない8時間のドラマに、
    私たちチームと共に挑んで下さい。

    no title

    (株)ヨシムラジャパン
    代表取締役社長
    チーム監督
    吉村不二雄

    >>2以降に続く

    コカ・コーラ ゼロ 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第37回大会 : 参戦体制
    http://www.yoshimura-jp.com/race/schedule/2014_suzuka8h_release.html

    【今年の鈴鹿8耐のヨシムラは2台体制 12号車はK・シュワンツと辻本聡のレジェンドペア】の続きを読む

    画像1
    1: THE FURYφ ★ 2014/02/28 00:08:38
    元F1チャンピオンのジャック・ビルヌーブが、今年のインディ500(5月25日決勝)に復帰し、2度目の優勝を
    目指すことが、現地時間(以下、現地時間)26日、所属チームから発表された。『ロイター』通信が伝えている。

    J.ビルヌーブは、カナダ・ケベック州出身で現在42歳。1995年にインディ500を初制覇し、この年のCARTの
    シリーズチャンピオンにも輝いた。翌年はF1へ転向し、1997年にワールドチャンピオンを獲得。2006年に
    F1を離れると、翌年ストックカーに転身、NASCARの最高峰スプリントカップシリーズやその下位の
    ネイションワイドシリーズなど様々なシリーズに参戦した。また、ル・マンなどのスポーツカーレースでも
    戦っていた。

    シュミット・ピーターソン・レーシングと契約し、1995年以来のインディ500復帰となるJ.ビルヌーブは
    「僕たちが交渉を始めたのはそんなに昔のことじゃない。本当のところ2、3週間前だ。すべてが
    あっという間に決まったんだ。交渉が始まったのは、いいタイミングだった。だって、去年のインディカーを
    見ていたし、ニューマシンのレースがとてもエキサイティングに見えたからね。自分がレースしていないことに
    腹が立って、嫉妬するぐらいだったんだ」と、インディカーへの情熱が再燃したことを明かしていた。

    さらに「去年見始めたとき、再び興奮するようになったんだ。本当にレースがすごくおもしろかったし、
    マシンは速くてアグレッシブに見えたからね。ドライバーは大変そうだったし、バトルは激しかった。
    それが、僕がレースで愛していることなんだ」と、現在のインディカーの魅力を語っていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140227-00000111-ism-moto

    【元F1チャンピオンのジャック・ビルヌーブがインディ500に電撃復帰!】の続きを読む

    このページのトップヘ